薬剤師の先生

薬剤師同士は「先生」と呼ぶ文化があります。医師だけかな?と思ったのですが、中小企業や勉強会、学会などでは必ずと言っていいほど薬剤師のことを「先生」と呼んでいますね。MRさんからも「先生」と呼ばれることが多いです。これは多分、たくさんの営業先があるので名前を覚えるのが難しいというところもあるでしょうが…。

個人的には「先生」と名前に付くのは医師や弁護士、議員など政治的権力のある方々や、教諭や講師などの他人を師事する立場の人々を言うと思っていたのですが、薬剤師も先生と呼ばれる職業なようです。

個人的には「先生」と呼ぶのはよいのですが呼ばれるのはむず痒く、さん付けの方が一個人として見られてるんだなという点や親しみがあって良いなーと思っています。

そういえば、るるーしゅ先生が記事にしていました。

薬剤師薬剤師のことを○○先生って呼ぶのどう思いますか?

とりあえずで「先生」と付けて呼ばれることを悪いとは思いませんが、患者さんに心から「この人と一緒に薬物治療を進めていきたい」という思いを込めて「薬剤師の先生」と呼ばれてみたいものですね。日進月歩、日々精進です。

―――――以下、宣伝―――――

医療系インスタンス”Medicaldon“

医療職による知識のアップデートや議論などの場を目指しています。半閉鎖的SNSですが、匿名での登録も可能ですので、Twitterと連携して利用してみると面白いかもしれません。

Twitterで報告していない進捗状況なども呟いています。

気ままに素人エンジニアやったり、Twitterではいろいろと自分勝手に呟いたりしていますが、「ああ、なんかやってるな」程度に見守っていただければ幸いです。

メールフォームでもTwitterでも、気軽に話しかけていただければ喜びます。m(_ _)m

質問箱なんかもやっています。